プレスリリース

UPDATE

第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展
Cosmo-Eggs | 宇宙の卵

開催期間:

公益財団法人石橋財団アーティゾン美術館(館長 石橋 寬)は、2020年04月18日(土)より2020年06月21日(日)まで、第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展の日本館展示「Cosmo-Eggs|宇宙の卵」(2019年開催)の帰国展を開催します。

日本館展示風景(撮影:ArchiBIMIng /写真提供:国際交流基金)(参考図版)

新着情報

  • アーティゾン美術館(展示替え休館中)は、4月18日(土)より3つの展覧会の開催を予定しておりましたが、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、展覧会の開幕を延期し、当面の間、臨時休館する運びとなりました。ミュージアムカフェ、ショップも下記の通り休業いたします。開館・営業開始時期は未定です。最新の情報は公式ウェブサイトで随時お知らせします。

    【延期する展覧会(開幕日未定)】
    ・ジャム・セッション 石橋財団コレクション×鴻池朋子 鴻池朋子 ちゅうがえり
    ・第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 Cosmo-Eggs|宇宙の卵
    ・石橋財団コレクション選 特集コーナー展示|新収蔵作品特別展示 パウル・クレー

    【付帯施設(営業再開日未定)】
    ・ミュージアムカフェ:4月4日(土)より休業
    ・ミュージアムショップ:美術館休館中は休業

    ※4月17日(金)に予定しておりましたプレス内覧会、本展特別内覧会・レセプションも中止となります。
    ※臨時休館中は関連する一切のプログラムも中止となります。

    ご迷惑をおかけしますが、どうぞご理解ご協力の程お願い申し上げます。

展覧会概要

ヴェネチア・ビエンナーレは、イタリアのヴェネチアの各所を会場とし、2年に一度開催される現代美術の国際展です。1895年から120年以上の歴史を重ね、今なお大きな影響力を持っています。
ヴェネチア・ビエンナーレの日本館は、石橋財団の創設者である石橋正二郎が建設寄贈、1956年に開館しました。そのような歴史的つながりから、このたび当館で帰国展を開催することとなりました。
2019年、第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展の日本館展示「Cosmo-Eggs|宇宙の卵」(国際交流基金主催)は、キュレーターの服部浩之を中心に、美術家、作曲家、人類学者、建築家という4つの異なる専門分野のアーティストが協働し、人間同士や人間と非人間の「共存」「共生」をテーマに構成されました。本展は、ヴェネチアでの展示をもとに、アーティゾン美術館の展示室にあわせて再構成するものです。映像・音楽・言葉・空間の4つの要素が共存するインスタレーションに、ドキュメントやアーカイブなどの新たな要素を加えご紹介いたします。

◆ 本展の構成・特徴・見どころ

(1)第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展の日本館展示 「Cosmo-Eggs|宇宙の卵」の帰国展
本展は、第58 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展の日本館展示「Cosmo-Eggs|宇宙の卵」(国際交流基金主催)を、アーティゾン美術館で帰国展として再構成して展示するものです。

(2)ヴェネチア・ビエンナーレと日本館
1895 年に最初の美術展が開催されて以来、120 年以上の歴史を刻むヴェネチア・ビエンナーレ。国際美術展としては最も歴史が古く、日本は1952 年から公式参加し、1956 年には日本館が各国のパビリオンが立ち並ぶカステッロ公園内に開館しました。この建物は、石橋財団の創設者、石橋正二郎が建設寄贈したことにより実現したものです。そうした歴史的なつながりから、このたび石橋財団アーティゾン美術館で帰国展を開催することになったものです。

(3)服部浩之によるキュレーション
服部浩之キュレーションによる「Cosmo-Eggs|宇宙の卵」は、地球という時空間において、人がいかに動植物や土地と関わり生きていくことができるかを問うています。様々な自然災害や人災に見舞われる日本に暮らすわれわれが、地球という生態系における人間存在そのものを改めて問い、人間と非人間の共存や、限界が露呈しはじめている成長志向の社会を再考し、新たな暮らしのあり方を提示する試みです。

(4)展覧会の起点 ̶ 津波石
本展は、アーティストの下道基行が2015 年以来調査と撮影を続けている「津波石」の映像を起点としています。津波石は、大津波により海底から陸上に運ばれた巨石で、世界各地に散在します。災害の記憶を留める自然石でありながら、時には地域の信仰の対象となり、地域に様々な物語が伝えられ、渡り鳥のコロニーや昆虫の棲家となって、自然と文化が混ざり合った独特の景観を形成してきました。下道は、隕石や巨大な卵のようにも見える津波石を広場、あるいはモニュメントに喩えます。

(5)異なる専門分野の表現者の協働プロジェクト
本展は、下道の作品《津波石》を軸としながら、広場であるという思考を拡張し、安野太郎(作曲家)、石倉敏明(人類学者)、能作文徳(建築家)と協働することで、静かで穏やかな視覚世界に音楽が響き、言葉が重ねられ、統合された一つの空間に多様な身体経験を生み出します。一人の作家が国を代表するのではなく、異なった職能をもつ専門家の集団( コレクティブ) によって、現代の根源的課題を想像し思考する体験の場をつくることを試みます。

◆ キュレーター服部浩之によるステートメント

本展は、ヴェネチア・ビエンナーレ日本館展示室を再現したインスタレーション空間を中心とし、それに注釈を与えるように分析を加え、制作過程で生じた様々な要素を紹介することで、プロジェクト「Cosmo-Eggs | 宇宙の卵」を改めて検証するかたちをとります。
日本館の建築空間と密接に呼応する本作のエッセンスを追体験していただけるようなあり方で、「帰国展」という構造にも応答する方法として、演劇の舞台のように日本館を再現することで、身体的経験と客観的考察を往来可能な形式を目指しました。プロジェクトを構成する各種素材、ビエンナーレで副産物的に生まれたもの、ビエンナーレ開幕前から帰国展までのプロセスの記録など、各種資料なども交えて、一歩外側から「Cosmo-Eggs | 宇宙の卵」を捉えるドキュメントやアーカイブとしての側面も備えた展覧会となります。

◆ キュレーター、アーティスト 略歴

キュレーター
服部浩之(はっとり ひろゆき)
1978 年生まれ。秋田公立美術大学大学院准教授。アジアを中心に展覧会、プロジェクトなどを展開。「あいちトリエンナーレ2016」「近くへの遠回り」(キューバ、2018)など多数企画。

アーティスト
下道基行(したみち もとゆき)
1978 年生まれ。美術家。代表作に、日本の植民地時代に残された世界各地の鳥居を撮影したシリーズ《torii》や、大津波により海底から陸上に運ばれた巨石を取材し撮影したシリーズ《Tsunami Boulder》がある。

安野太郎(やすの たろう)
1979 年生まれ。作曲家。作曲とメディアアートを学び、アーティストとのコラボレーションも多数実施。代表作《ゾンビ音楽》は、複数のリコーダーに空気を送り込み、自動演奏によって奏でる音楽作品。

石倉敏明(いしくら としあき)
1974 年生まれ。人類学者。秋田公立美術大学美術学部准教授。神話や宗教を専門とし、アーティストとの協働制作を行うなど、人類学と現代芸術を結ぶ独自の活動を展開している。

能作文徳(のうさく ふみのり)
1982 年生まれ。建築家。建築設計だけでなく、アート作品、空間インスタレーションも手掛ける。2016 年第15 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展では日本館展示に出品し、特別表彰受賞。

◆ 同時開催
「石橋財団コレクション選 特集コーナー展示 新収蔵作品特別展示:パウル・クレー」
「ジャム・セッション 石橋財団コレクション×鴻池朋子 鴻池朋子 ちゅうがえり」

開催概要

会期
2020年04月18日(土)〜2020年06月21日(日)
アーティゾン美術館(展示替え休館中)は、4月18日(土)より3つの展覧会の開催を予定しておりましたが、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、展覧会の開幕を延期し、当面の間、臨時休館する運びとなりました。最新の情報は公式ウェブサイトで随時お知らせします。ご迷惑をおかけしますが、どうぞご理解ご協力の程お願い申し上げます。
会場 アーティゾン美術館
住所 東京都中央区京橋1-7-2 Google Map
展示室 アーティゾン美術館 5階展示室
時間
10:00〜18:00
※毎週金曜日は20:00まで(入館は閉館の30分前まで)
休館日
月曜日
※5月4日は開館
観覧料
日時指定予約制(2 月18 日[火]よりウェブ予約開始)
一般ウェブ予約チケット 1,100 円
当日チケット(窓口販売)1,500 円
学生無料(要ウェブ予約)* ウェブ予約チケットが完売していない場合のみ、美術館窓口でも当日チケットを販売します。
※中学生以下の方はウェブ予約不要です。
※この料金で同時開催の3つの展覧会を全てご覧頂けます。
URL
【公式サイト:展覧会情報】第 58 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展 日本館展示帰国展 Cosmo- Eggs| 宇宙の卵
https://www.artizon.museum/collection-museum/exhibition/detail/3
URL2
【公式サイト】アーティゾン美術館
https://www.artizon.museum/
主催 公益財団法人石橋財団アーティゾン美術館、独立行政法人国際交流基金
展示機材協力 キヤノンマーケティングジャパン株式会社
キュレーター 服部浩之(秋田公立美術大学准教授)
アーティスト 下道基行(美術家)、安野太郎(作曲家)、石倉敏明(人類学者、秋田公立美術大学准教授)、能作文徳(建築家、東京電機大学准教授)
プレスリリース ダウンロード
※ログインしてご利用ください。

イベント・講演会・グッズ・コラボ情報・SNS

◆ 土曜講座「アーティスト・トーク」

5月9日(土)14:00~15:30
対談:下道基行+安野太郎× 小沢剛(アーティスト)
モデレーター:服部浩之

5月16日(土)15:00~16:30
対談:能作文徳× 貝島桃代(建築家、第16 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展(2018)、日本館キュレーター)
モデレーター:服部浩之

5月23日(土)14:00~15:30
対談:石倉敏明× 鴻池朋子(アーティスト)
*同時開催のジャム・セッション展共同企画
当展出品作家が、それぞれの分野のアーティストを招いてトークを繰り広げます。

場所:3 階レクチャールーム
聴講料:無料
定員:80人(各回)
※当日は講座の始まる2時間前からレクチャールーム前で整理券を配付します。定員になり次第、受付終了。

広報用画像一覧

  • 画像説明 日本館展示風景(撮影:ArchiBIMIng /写真提供:国際交流基金)(参考図版)
  • 画像説明 日本館展示風景(撮影: ArchiBIMIng/ 写真提供:国際交流基金)
  • 画像説明 日本館展示風景(撮影: ArchiBIMIng/ 写真提供:国際交流基金)
  • 画像説明 下道基行《Tsunami Boulder》より 2015 年
  • 画像説明 キュレーター・アーティスト近影 左より:下道基行、能作文徳、服部浩之、石倉敏明、安野太郎 撮影:高橋希
  • 画像説明 Cosmo-Eggs | 宇宙の卵 チラシ画像

会員向けご提供広報用データ

ログイン または 新規会員登録の上、お申込みいただけます。
プレスリリース・画像データの一括ダウンロード
アーティゾン美術館の施設(外観・内観)画像も同時ご提供
  • ログインされていない場合は、
    ログインの上、お申込み画面にお進みください。
  • ご新規の媒体は、ご登録の上、お申込みください。
    ご登録の際はご利用規約をお目通しの上、ご利用ください。
注意事項
当サイトのご利用にはログインが必要です。ログインの上、ご利用ください。 会員新規登録はこちらから
ご登録は、報道・メディア関係者の方に限ります。それ以外の一般の方はご登録いただけませんので、ご了承ください。
当広報用データ申込みシステムは、株式会社FAITHが運営しております。
  • 推奨環境について:Google Chrome、Mozilla Firefox、Microsoft Edge、Safari(Mac)各最新版、Internet Explorer11、iOS11.0以降・Safari最新版、Android 6.0以降・Google Chrome最新版を推奨しております。推奨環境以外でのご利用や、推奨環境下でもお客様のブラウザの設定によっては、ご利用できないもしくは正しく表示されない場合がございます。また、JavaScript、Cookieが使用できる環境でご利用ください。不具合が生じた場合は、お問い合わせフォーム よりご連絡ください。