プレスリリース

UPDATE

ジャム・セッション 石橋財団コレクション×鴻池朋子
鴻池朋子 ちゅうがえり

開催期間:

公益財団法人石橋財団アーティゾン美術館(館長 石橋 寬)は、石橋財団コレクションと現代美術家の共演「ジャム・セッション」展を毎年一回の予定で開催することとなりました。2020年4月18日(土)より2020年6月21日(日)まで、「ジャム・セッション 石橋財団コレクション×鴻池朋子 鴻池朋子 ちゅうがえり」を、開催いたします。これは美術館にとっての新たな冒険であり挑戦です。

《皮トンビ》瀬戸内国際芸術祭2019 展示風景

新着情報

  • アーティゾン美術館(展示替え休館中)は、4月18日(土)より3つの展覧会の開催を予定しておりましたが、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、展覧会の開幕を延期し、当面の間、臨時休館する運びとなりました。ミュージアムカフェ、ショップも下記の通り休業いたします。開館・営業開始時期は未定です。最新の情報は公式ウェブサイトで随時お知らせします。

    【延期する展覧会(開幕日未定)】
    ・ジャム・セッション 石橋財団コレクション×鴻池朋子 鴻池朋子 ちゅうがえり
    ・第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 Cosmo-Eggs|宇宙の卵
    ・石橋財団コレクション選 特集コーナー展示|新収蔵作品特別展示 パウル・クレー

    【付帯施設(営業再開日未定)】
    ・ミュージアムカフェ:4月4日(土)より休業
    ・ミュージアムショップ:美術館休館中は休業

    ※4月17日(金)に予定しておりましたプレス内覧会、本展特別内覧会・レセプションも中止となります。
    ※臨時休館中は関連する一切のプログラムも中止となります。

    ご迷惑をおかけしますが、どうぞご理解ご協力の程お願い申し上げます。

展覧会概要

このシリーズ第一回に、鴻池朋子(こうのいけ ともこ)を迎えます。鴻池は、絵画、彫刻といった従来の美術手法から拡張して、旅という時間と移動、歌や語りという音声言語、玩具や手芸などという身近な生活の行為や手立てをメディアとして、狩猟採集という人間の文化の「原型」というものを再考し、芸術の根源的な問い直しを続けてきました。
鴻池は、今回展覧会を開催するにあたり、それまでの美術館を構成してきた様々な要素と「対話」によるセッションを重ねました。株式会社ブリヂストンの九州のタイヤ工場や東京の技術センターへのリサーチ旅行、当館館長や関係者へのインタビュー、収蔵品についての学芸員からのレクチャーなど、鴻池は、近代がつくりだした美術館という枠組みを、丁寧に深く探ることにより、新たな美術館の可能性を形にしようと試みます。
今回、そのようなプロセスを経て、展示室全体に行き渡る、円形の大襖絵を中心としたインスタレーションが立ち現れます。
本展覧会では、五感を通じて全身で作品と出会い、観客の視点を軽やかに「ちゅうがえり」させます。
「人間は一匹の動物として一人一人全部違う感覚で世界をとらえ、各々の環世界を通して世界を眺めている。それらは一つとして同じものがない。同じ言葉もない。同じ光もない。芸術がそのことに腹をくくって誠実に取り組めば、小さな一匹にとって世界は官能に満ち、やがて新たな生態系が動きだす。イリュージョンを言語にすり替えず、日々出会うものたちをしっかりと手探りし、遊び、粛々と自分の仕事をしていこう。」(鴻池)

◆ 石橋財団コレクションとは
石橋財団コレクションは、創設者・石橋正二郎の個人収集から始まり、その後、公益財団法人石橋財団によっ て引き継がれました。 現在約2,800点を数えるコレクションは、西洋絵画、日本近代洋画をはじめとして、西洋・東洋の彫刻や陶磁器、中国・日本書画にまで渡り、さらに 20 世紀美術、現代美術にまで視野を広げています。

◆ ジャム・セッションとは
「ジャム・セッション」は、2020年1月に開館するアーティゾン美術館のコンセプト「創造の体感」を体現する展覧会です。 アーティストと学芸員が共同して、石橋財団コレクションの特定の作品からインスパイアされた新作や、コレクションとアーティストの作品のセッションによって生み出される新たな視点による展覧会を構成します。 過去から現代、次代へ向けての架け橋となるプロジェクトを目指します。今後、毎年一回開催する予定です。

◆ 本展の構成・特徴・見どころ

(1)本展覧会のための新作インスタレーション
新作の円形の大襖絵を中心に、それを囲むようにユニークなスロープがつくられます。周辺には森羅万象を紙で象った影絵燈籠や、作家の声によるオオカミや風や雪女などの人間以外の生き物の音が響きます。視点を移動させることで、新しい鑑賞を生みだします。2009 年の東京オペラシティアートギャラリーでの「インタートラベラー 神話と遊ぶ人」から11 年ぶりの東京での大規模個展となります。

(2)石橋財団コレクションとアーティストのセッション
瀬戸内国際芸術祭2019 で発表された幅12m 高さ4m の《皮トンビ》は、約一年間、山に設置されたのちに本展に持ち込まれ、経年変化した姿を見せてくれます。その側には、当館収蔵品であるクールベの《雪の中を駆ける鹿》や、シスレーの《森へ行く女たち》などが対話をするように設置され、野生の気配が室内に立ちこめます。

(3)生まれたての目で見る「みる誕生」
各展示室の間には、熊や狼の毛皮、木、ビニール、陶物、毛糸などの素材がぶら下がる、森の小径がつくられます。それらをくぐり抜けながら、私たちの眠っていた感覚は揺さぶられ、生まれたての原初的な身体が目覚めます。視覚以外にも触覚、嗅覚、聴覚など、身体全体で体感することを、鴻池は「みる誕生」と名付け、未知なる鑑賞の驚きや豊かさを味わいます。

◆ 鴻池朋子(こうのいけ ともこ)略歴
1960年秋田生まれ。個展、2015年「根源的暴力」神奈川県民ホール(2016年芸術選奨文部科学大臣賞受賞)、2018年「Fur Story」リーズ・アート大学(イギリス)、「ハンターギャザラー」秋田県立近代美術館、他。グループ展、2016年「Temporal Turn」スペンサー美術館・カンザス大学自然史博物館(アメリカ)、2019年「瀬戸内国際芸術祭2019」、他。

◆ 同時開催
「石橋財団コレクション選 特集コーナー展示 新収蔵作品特別展示:パウル・クレー」
「第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 Cosmo-Eggs | 宇宙の卵」

開催概要

会期
2020年04月18日(土)〜2020年06月21日(日)
アーティゾン美術館(展示替え休館中)は、4月18日(土)より3つの展覧会の開催を予定しておりましたが、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、展覧会の開幕を延期し、当面の間、臨時休館する運びとなりました。最新の情報は公式ウェブサイトで随時お知らせします。ご迷惑をおかけしますが、どうぞご理解ご協力の程お願い申し上げます。
会場 アーティゾン美術館
住所 東京都中央区京橋1-7-2 Google Map
展示室 アーティゾン美術館 6階展示室
時間
10:00〜18:00
※毎週金曜日は20:00まで(入館は閉館の30分前まで)
休館日
月曜日
※5月4日は開館
観覧料
日時指定予約制(2 月18 日[火]よりウェブ予約開始)
一般ウェブ予約チケット 1,100 円
当日チケット(窓口販売)1,500 円
学生無料(要ウェブ予約)* ウェブ予約チケットが完売していない場合のみ、美術館窓口でも当日チケットを販売します。
※中学生以下の方はウェブ予約不要です。
※この料金で同時開催の3つの展覧会を全てご覧頂けます。
URL
【公式サイト:展覧会情報】ジャム・セッション 石橋財団コレクション×鴻池朋子 鴻池朋子 ちゅうがえり
https://www.artizon.museum/collection-museum/exhibition/detail/2
URL2
【公式サイト】アーティゾン美術館
https://www.artizon.museum/
主催 公益財団法人石橋財団アーティゾン美術館
プレスリリース ダウンロード
※ログインしてご利用ください。

イベント・講演会・グッズ・コラボ情報・SNS

【関連プログラム】

◆ 「みる誕生」鑑賞会
眠っていた細胞を呼び起こし、“生まれたての体”のように全感覚で初めて世界と出会う驚きを、鴻池は「みる誕生」と名付けました。今回は一対一のペアになって対話をし、それぞれの鑑賞の違いを楽しみながら会場を巡ります。他者の五感は私たちの思考を軽やかに「ちゅうがえり」させます。
ナビゲーター:鴻池朋子
日時:6月6日(土)、6月7日(日)、6月14日(日)14:30~17:30
定員:各回7人(目の見えない人・見えにくい人4人、目の見える人3人)
申込、先着順※4月18 日(土)よりお申込みいただけます。
参加費:無料(入場券が必要です)

◆ 土曜講座「アーティスト・トーク」
5月2日(土)
対談:鴻池朋子× 賀川恭子(当館学芸員)

5月23日(土)
対談:鴻池朋子× 石倉敏明(人類学者)
*同時開催の「Cosmo-Eggs | 宇宙の卵」展共同企画

時間:14:00~15:30
場所:3階レクチャールーム
聴講料:無料
定員:80人
※当日は12:00 からレクチャールーム前で整理券を配付します。定員になり次第、受付終了。

◆ 学芸員によるギャラリートーク
日時:
5月15日(金)15:30~16:30
6月5日(金)18:30~19:30
集合場所:6階展示室入口 参加費・申込不要
※入場券が必要です。
※混雑状況により3 階レクチャールームでの講座に変更、または中止する場合があります。

広報用画像一覧

  • 画像説明 《皮トンビ》瀬戸内国際芸術祭2019 展示風景
  • 画像説明 《ツキノワ 川を登る》映像 2018 年(参考図版)
  • 画像説明 《Dream Hunting Grounds》「ハンターギャザラー」展示風景 2018 年 秋田県立近代美術館
  • 画像説明 《Dream Hunting Grounds》「ハンターギャザラー」展示風景 2018 年 秋田県立近代美術館
  • 画像説明 ギュスターヴ・クールベ《雪の中を駆ける鹿》1856-57 年頃 石橋財団 アーティゾン美術館
  • 画像説明 鴻池朋子 ちゅうがえり チラシ画像

会員向けご提供広報用データ

ログイン または 新規会員登録の上、お申込みいただけます。
プレスリリース・画像データの一括ダウンロード
アーティゾン美術館の施設(外観・内観)画像も同時ご提供
  • ログインされていない場合は、
    ログインの上、お申込み画面にお進みください。
  • ご新規の媒体は、ご登録の上、お申込みください。
    ご登録の際はご利用規約をお目通しの上、ご利用ください。
注意事項
当サイトのご利用にはログインが必要です。ログインの上、ご利用ください。 会員新規登録はこちらから
ご登録は、報道・メディア関係者の方に限ります。それ以外の一般の方はご登録いただけませんので、ご了承ください。
当広報用データ申込みシステムは、株式会社FAITHが運営しております。
  • 推奨環境について:Google Chrome、Mozilla Firefox、Microsoft Edge、Safari(Mac)各最新版、Internet Explorer11、iOS11.0以降・Safari最新版、Android 6.0以降・Google Chrome最新版を推奨しております。推奨環境以外でのご利用や、推奨環境下でもお客様のブラウザの設定によっては、ご利用できないもしくは正しく表示されない場合がございます。また、JavaScript、Cookieが使用できる環境でご利用ください。不具合が生じた場合は、お問い合わせフォーム よりご連絡ください。