プレスリリース

UPDATE

新収蔵作品特別展示:パウル・クレー

開催期間:

公益財団法人石橋財団アーティゾン美術館(館長 石橋 寬)は、「新収蔵作品特別展示:パウル・クレー」を開催します。アーティゾン美術館では、4階展示室にて「コレクション選」と題し、2,800点余りからなる収蔵品の中から優れた作品を選んでご紹介してまいりますが、その一角に「特集コーナー展示」を設け、毎回異なるテーマにより収蔵品に新たな光をあてる企画展示を行ないます。2020年は3期に分けて展示しますが、第1回は2020年4月18日(土)から6月21日(日)まで開催される「新収蔵作品特別展示:パウル・クレー」です。

パウル・クレー 《庭の幻影》 1925年  油彩・厚紙(木枠に貼られた厚紙) 石橋財団アーティゾン美術館蔵

新着情報

  • NEW アーティゾン美術館(展示替え休館中)は、4月18日(土)より3つの展覧会の開催を予定しておりましたが、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、展覧会の開幕を延期し、当面の間、臨時休館する運びとなりました。ミュージアムカフェ、ショップも下記の通り休業いたします。開館・営業開始時期は未定です。最新の情報は公式ウェブサイトで随時お知らせします。

    【延期する展覧会(開幕日未定)】
    ・ジャム・セッション 石橋財団コレクション×鴻池朋子 鴻池朋子 ちゅうがえり
    ・第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 Cosmo-Eggs|宇宙の卵
    ・石橋財団コレクション選 特集コーナー展示|新収蔵作品特別展示 パウル・クレー

    【付帯施設(営業再開日未定)】
    ・ミュージアムカフェ:4月4日(土)より休業
    ・ミュージアムショップ:美術館休館中は休業

    ※4月17日(金)に予定しておりましたプレス内覧会、本展特別内覧会・レセプションも中止となります。
    ※臨時休館中は関連する一切のプログラムも中止となります。

    ご迷惑をおかけしますが、どうぞご理解ご協力の程お願い申し上げます。

展覧会概要

アーティゾン美術館は2019年に、20世紀前半を代表するスイス出身画家パウル・クレー(1879~1940)の24点の作品をまとめて収蔵しました。このコレクションは、著名な日本人コレクターが所蔵していたものです。これら24点はクレーが分離派展や青騎士グループへの参加を通じて頭角を現わし始めた1910年代に始まり、造形教育学校バウハウスで教鞭を執っていた1920年代を経て、晩年にあたる1930年代まで、その画業の大半を網羅した、規模、質ともに国際的にも有数といえるクレー・コレクションです。クレーの本領である、多様な技法と素材を駆使した絶えざる造形的実験の軌跡を明らかに示しており、この希有な創造性をそなえた画家とその芸術のさらなる理解を促す、貴重な作品群であるといえます。

本企画では、これら新収蔵の24点に、既収蔵のクレー作品《島》(1932年)を加えた計25点を一堂に展示し、クレー芸術のエッセンスと魅力をお楽しみいただきます。

◆ パウル・クレー 略歴
1879年12月18日、ドイツ人の音楽教師の父とスイス人のオペラ歌手であった母との間に、スイスの首都ベルン近郊の町ミュンヘンブーフゼーに生まれる。1900年にミュンヘン美術アカデミーに入学し、フランツ・フォン・シュトゥックの教室に学ぶ。ミュンヘンを拠点に、分離派展や芸術家グループ「青騎士」の活動に参加し、ヴァシリー・カンディンスキーやフランツ・マルクらと交流する。第一次大戦後は、ヴァイマールの国立造形教育学校バウハウスに招聘され、1921年に正式な教授に就任。造形理論の研究、講義、著述を行ないながら、自らの芸術の革新に努めた。1931年にバウハウスの教職を辞した後は、デュッセルドルフ美術アカデミーの教授に就くも、ナチ党が独裁色を強める中、1933年にドイツを離れてベルンに移住。1935年以降は皮膚硬化症と闘いながら、スイス南部の町ロカルノ= ムラルトの療養所で没する1940年まで、旺盛な創作を続けた。

担当学芸員 島本英明(アーティゾン美術館学芸員)

◆ 同時開催
「第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 Cosmo-Eggs | 宇宙の卵」
「ジャム・セッション 石橋財団コレクション×鴻池朋子 鴻池朋子 ちゅうがえり」

開催概要

会期
2020年04月18日(土)〜2020年06月21日(日)
アーティゾン美術館(展示替え休館中)は、4月18日(土)より3つの展覧会の開催を予定しておりましたが、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、展覧会の開幕を延期し、当面の間、臨時休館する運びとなりました。最新の情報は公式ウェブサイトで随時お知らせします。ご迷惑をおかけしますが、どうぞご理解ご協力の程お願い申し上げます。
会場 アーティゾン美術館
住所 東京都中央区京橋1-7-2 Google Map
展示室 アーティゾン美術館 4階展示室 コレクション選 特集コーナー展示
時間
10:00〜18:00
※毎週金曜日は20:00まで(入館は閉館の30分前まで)
休館日
月曜日
※5月4日は開館
観覧料
日時指定予約制(2 月18 日[火]よりウェブ予約開始)
一般ウェブ予約チケット 1,100 円
当日チケット(窓口販売)1,500 円
学生無料(要ウェブ予約)* ウェブ予約チケットが完売していない場合のみ、美術館窓口でも当日チケットを販売します。
※中学生以下の方はウェブ予約不要です。
※この料金で同時開催の3つの展覧会を全てご覧頂けます。
URL
【公式サイト:展覧会情報】新収蔵作品特別展示:パウル・クレー
https://www.artizon.museum/collection-museum/exhibition/detail/4
URL2
【公式サイト】アーティゾン美術館
https://www.artizon.museum/
主催 公益財団法人石橋財団アーティゾン美術館
プレスリリース ダウンロード
※ログインしてご利用ください。

広報用画像一覧

  • 画像説明 パウル・クレー 《抽象的な建築》 1915年 油彩・厚紙 石橋財団アーティゾン美術館蔵
  • 画像説明 パウル・クレー 《ストロベリーハウスの建築工事》1921年 油彩・厚紙 石橋財団アーティゾン美術館蔵
  • 画像説明 パウル・クレー 《庭の幻影》 1925年  油彩・厚紙(木枠に貼られた厚紙) 石橋財団アーティゾン美術館蔵
  • 画像説明 パウル・クレー 《羊飼い》 1929年 油彩・カンヴァス(合板に貼られたカンヴァス) 石橋財団アーティゾン美術館蔵
  • 画像説明 パウル・クレー 《対位法》 1933年 水彩、石膏・カンヴァス 石橋財団アーティゾン美術館蔵
  • 画像説明 パウル・クレー 《谷間の花》  1938年 水彩・綿布(水彩、板に貼られた綿布) 石橋財団アーティゾン美術館蔵
  • 画像説明 パウル・クレー展 チラシ画像

会員向けご提供広報用データ

ログイン または 新規会員登録の上、お申込みいただけます。
プレスリリース・画像データの一括ダウンロード
アーティゾン美術館の施設(外観・内観)画像も同時ご提供
  • ログインされていない場合は、
    ログインの上、お申込み画面にお進みください。
  • ご新規の媒体は、ご登録の上、お申込みください。
    ご登録の際はご利用規約をお目通しの上、ご利用ください。
注意事項
当サイトのご利用にはログインが必要です。ログインの上、ご利用ください。 会員新規登録はこちらから
ご登録は、報道・メディア関係者の方に限ります。それ以外の一般の方はご登録いただけませんので、ご了承ください。
当広報用データ申込みシステムは、株式会社FAITHが運営しております。
  • 推奨環境について:Google Chrome、Mozilla Firefox、Microsoft Edge、Safari(Mac)各最新版、Internet Explorer11、iOS11.0以降・Safari最新版、Android 6.0以降・Google Chrome最新版を推奨しております。推奨環境以外でのご利用や、推奨環境下でもお客様のブラウザの設定によっては、ご利用できないもしくは正しく表示されない場合がございます。また、JavaScript、Cookieが使用できる環境でご利用ください。不具合が生じた場合は、お問い合わせフォーム よりご連絡ください。